たばこの61.8%が税金です。

たばこの価格には、国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税の4種類もの税金が含まれています。これらを合わせると税負担率はいまや61.8%にも達する、わが国でも最も税負担が高い商品のひとつになっています。

たばこ税を支えているのは?

たばこ税は、全国約1,900万人の愛煙家が最終的には負担していることになりますが、小売業者(たばこ屋さん)は、仕入れたたばこが売れる、売れないにかかわらず、仕入れ時に愛煙家に代わってたばこ税を納めています。

こうしたことから、たばこ税は愛煙家と小売販売業者(たばこ屋さん)よって支えられており、国、自治体にとっては、徴税コストのかからない優等生の税金なのです。

たばこは地元で買いましょう!

2020年度は東京都全体で1,060億円の税収がありました。
この地方たばこ税は、愛煙家の皆さんがお買いになった小売業者(たばこ屋さん)の所在する都道府県、区市町村の税収となります。東京都全体の1,060億円のたばこ税の内、約911億円が区市町村の税収となっており、地方自治体の財源難の折、貴重な財源になっています。

東京都 14,894,711 千代田区 2,533,308
中央区 2,068,040 港区 4,517,991
品川区 3,041,577 大田区 4,654,345
新宿区 4,320,552 文京区 936,392
台東区 2,682,986 墨田区 1,996,193
江東区 3,600,996 渋谷区 2,550,551
目黒区 1,582,992 世田谷区 4,137,967
中野区 1,897,188 杉並区 2,775,477
北区 2,046,725 豊島区 2,644,220
足立区 5,003,424 荒川区 1,385,720
板橋区 3,400,000 練馬区 3,500,540
江戸川区 4,700,000 葛飾区 2,981,106
武蔵野市 791,583 三鷹市 776,655
調布市 1,219,692 小平市 810,892
小金井市 500,576 西東京市 963,220
東久留米市 579,022 狛江市 362,410
清瀬市 361,043 立川市 1,172,973
府中市 1,295,321 昭島市 729,213
国分寺市 657,015 東村山市 686,485
国立市 389,001 東大和市 509,850
武蔵村山市 487,671 八王子市 3,118,445
町田市 2,178,297 日野市 831,906
稲城市 429,754 多摩市 753,276
青梅市 806,842 福生市 401,624
あきる野市 415,169 瑞穂町 378,242
奥多摩町 19,360 羽村市 385,754
日の出町 120,352 檜原村 3,855
東京都 14,894,711
千代田区 2,533,308
中央区 2,068,040
港区 4,517,991
品川区 3,041,577
大田区 4,654,345
新宿区 4,320,552
文京区 936,392
台東区 2,682,986
墨田区 1,996,193
江東区 3,600,996
渋谷区 2,550,551
目黒区 1,582,992
世田谷区 4,137,967
中野区 1,897,188
杉並区 2,775,477
北区 2,046,725
豊島区 2,644,220
足立区 5,003,424
荒川区 1,385,720
板橋区 3,400,000
練馬区 3,500,540
江戸川区 4,700,000
葛飾区 2,981,106
武蔵野市 791,583
三鷹市 776,655
調布市 1,219,692
小平市 810,892
小金井市 500,576
西東京市 963,220
東久留米市 579,022
狛江市 362,410
清瀬市 361,043
立川市 1,172,973
府中市 1,295,321
昭島市 729,213
国分寺市 657,015
東村山市 686,485
国立市 389,001
東大和市 509,850
武蔵村山市 487,671
八王子市 3,118,445
町田市 2,178,297
日野市 831,906
稲城市 429,754
多摩市 753,276
青梅市 806,842
福生市 401,624
あきる野市 415,169
瑞穂町 378,242
奥多摩町 19,360
羽村市 385,754
日の出町 120,352
檜原村 3,855

(単位:千円)

愛煙家とたばこを吸われない方が共存する社会を

昨今、公共施設、鉄道の駅、さらには路上や公園での喫煙を禁止するケースが非常に多くなってきました。また、2020年4月からは改正健康増進法、東京都受動喫煙防止条例が全面施行され、屋内は原則禁煙となりました。愛煙家の立場からすれば、たばこの税収には目をつぶり、一方的にたばこを吸う場が奪われるのはいかがなものかという強いジレンマがあります。
また、「喫煙の社会コスト」と称して、愛煙家には医療費等たばこ税収以上のコストがかかっているとの根拠の薄い不当な議論もなされています。

愛煙家のみなさんの喫煙マナーを高め、たばこを吸われない方と共存、共生をはかりながらたばこの安定的な税収を地域に役立てていく。わたくしたちは、そのような社会が、成熟したあるべき社会と考えています。