代表 門間 和彦
住所 〒164-0001  中野区中野4−5−1
TEL 03−3386−0793

 JR中央線、東京メトロ東西線中野駅北口より、正面の中野通りを北へ5分ほど歩いていくと、豆菓子とたばこのお店・但馬屋さんがあります。中野は新宿、吉祥寺に近く、オフィスビル、イベント施設が多く、長いアーケード商店街にも集客が多い人気のエリア。ここ数年で大学も増え、中野に集まる人口はますます増える予定です。そんな発展著しい中野で長くお店を構える但馬屋さんのご主人にお話を伺ってきました。

お店の創業はいつ頃でしょうか?

公共の場にあるような大きな灰皿。たくさんの方が一服していました。

 ご主人:昭和30年と聞いています。父がここで店を始めたんですが、兵庫県豊岡市の農家の出身なので、屋号も但馬屋にしたのだと思います。豆屋を始めて、十年前か二十年か前か定かではないですが、近くにたばこを扱っていた店が閉店したので、うちがたばこを扱うようになりました。豆とたばこってあまりイメージないかもしれませんね。薬局やお茶屋さんとたばこのイメージはあるでしょうけど。

ご主人はずっとこのお店で働いていらっしゃるのでしょうか?

店内でご主人が豆を煎っているのです。

 ご主人:うちは二人兄弟なんですが、父が具合を悪くした時に兄は外で勤めていたので、自分が継ぐことになりました。コーヒーが好きで喫茶店とかで働いていたので、商売自体にはずっと関わっていました。ここの店で働くようになってからはもう20年弱くらいかな。継ぐ時は「他に人がいないし、しょうがない。やってやるか」なんて気分だったんですけど(笑)。家業を継ぐ人はそういう人が多いかもしれないですね(笑)。父が平成17年に亡くなったので、今は母と二人で店をやっています。

豆屋さんは、お遣い物や行事などでお忙しそうですね。

人気のおせんべい、おかき。長年通い詰めるファンも多いとか。

 ご主人:豆屋は冬は忙しいですけど、夏は暇です。その代わり夏はたばこが売れますね。去年の11月に店を改装したんですけど、そのおかげか、たばこの看板も目立つようになってちょっと売り上げが上がりました。お客様にも「綺麗になったね」とか「買いやすくなったね」とか言われましたね。それもあって、改装後は営業時間を増やしました。改装前は朝9時半から夜8時半まででしたが、改装後は朝8時半から夜9時半まで店を開けています。早朝や夜に買えることをアテにしているお客様もいると思うので。休みは日曜日だけ。このあたりはオフィス街なので、土曜日は9時くらいに開けて夜8時くらいには閉めます。

たばこは自動販売機より手売りが多そうですね。

入口正面にたばこの棚。

 ご主人:9割は手売りですね。お客様もタスポ出してお金出してっていうより、手売りのほうが早いことがわかってると思います。このあたりのオフィスビルでも全面禁煙になってしまったところが多くて、うちで買って外に灰皿を置いている喫煙スペースで吸っていく人が多いですよ。灰皿の掃除はそれなりに大変で、一日二回掃除したりします。でも、喫煙者の方は不便になってしまってかわいそうですよね。今日みたいな風の強い寒い日でも外で吸わなきゃいけないし、喫茶店でも喫煙できないところも増えてきていますからね。

ご商売で気をつけていらっしゃることは?

駅から徒歩5分。中野通り沿いのお店です。

 ご主人:やっぱりたばこの賞味期限ですね。扱ってる銘柄は130種くらいなんですけど、在庫を過剰に持ちすぎないとか。接客では、人を見て「この人だったら軽い冗談を言っても大丈夫かな」という人とは冗談を交えたりするし、逆に常連さんでも話しかけて欲しくなさそうな人もいますから、そういう人にはサッとたばこを出して送り出すようにしています。どんな商売でもそうだと思いますが、お客様によって微妙に対応も変わってきますよね。でも、常連さんとは気軽に喋っていますよ。「今日は寒いですねー」とか、何でもないことなんですけどね(笑)。

周辺案内

中野四季の森公園

 中野駅北口から徒歩5分の中野セントラルパークと呼ばれる再開発エリアにある防災公園。開園は2012年4月と新しい。子供の遊び場というより、イベント施行や、災害時に対応できる防災施設が備わった公園です。

中野区中野4−13
JR総武・中央線「中野」下車徒歩5分

中野ブロードウェイ

 中野ブロードウェイは地下1階から地上4階まで、様々な店舗が営業し、高層階は集合住宅となっている複合ビル。最近では、サブカルチャー発信地としても有名で、長い商店街にみっしり店舗が入居し、外国人観光客も多く訪れ、活気に満ちている。

中野区中野5−52−15
JR総武・中央線「中野」下車徒歩5分

編集後記

 とてもフランクで温かい対応をしてくださったご主人。言葉のひとつひとつが真っ直ぐで陽気でお話していて楽しかったです。休日は山登りをされるとのことで、少し前に丹沢の鍋割山に登られ、頂上にある山荘で食べた鍋焼きうどんは絶品だったと仰っていました。そのほか、自転車で豊島園のシネコンに行ったりと、アクティブなご主人です。今まで以上に発展する中野で、お若いご主人が営むたばこ屋さんは、ますます頼りにされそうです。