代表 磯間 光夫 (話し手・直美)
住所 〒193-0835  八王子市千人町2-3-8
TEL 042-661-1656

 JR中央線・西八王子駅周辺は、桜の名所でもある浅川の自然や、甲斐武田家の歴史を感じる名跡もある、穏やかで風情のある街です。駅周辺は、飲食店が多数軒を連ね、商店街を抜ければ住宅地が広がります。そんな西八王子駅北口すぐの好立地に、長くお店を構える磯間書店さんの奥様にお話を伺ってきました。

お店の創業はいつ頃でしょうか?

2階の文具売り場。広いです。

 奥様:昭和26年と聞いています。私の主人の父が書店を始めて、その後たばこも扱い始めました。私はここにお嫁に来てから、店を手伝うようになりました。私の実家はサラリーマン家庭でしたので、商売はお嫁に来てから覚えました。

本と文具とたばこを扱うお店ですが、管理の棲み分けは?

一昨年新調したというたばこ売り場

 奥様:たばこと文具の仕入れと管理は私がやっています。外にたばこの自動販売機が4台ありますが、それも毎日朝と夜に私が入れています。本は主人の妹が担当しています。主人は配達ですね。学校、役所、病院に文具や書類を収めているので、その配達があります。八王子はとても学校が多くて、各学校に納品に行くので、忙しくしています。

お店の営業時間は?

1階はたばこと本の売り場です。

 奥様:店は朝9時から夜10時まで営業しています。日曜祭日は11時から夜8時まで。定休日はないです。お正月は1日~2日休みますが、基本的にお休みなしです。それは義父の代からそうでしたので、そういうものだと思っています(笑)。近くに24時間営業のスーパーやコンビニができてきたので、大変ではありますが、まだこの辺りは駅前で人通りがあるので、助かっています。今は閑散としている商店街もあるので、頑張らないと。店の前に灰皿を出していますが、夜も出しっぱなしにしています。ゴミを入れていってしまう方もいますが、お客様は灰皿がないと不便でしょうからね。

お店のお客様は常連さんが多いでしょうか?

西八王子駅至近の便利な場所です。

 奥様:常連さんが多いですね。顔を見て、あの方はこの銘柄だってパッと渡しています。カートンで買っていただくお客様も多いので、ありがたいですよ。在庫は週2回の納品があるので、それくらいの在庫数で回しているんです。ですから、急なお客様に「あるだけ欲しい」って言われると、逆に大変だったりしますね(笑)。銘柄は250種くらい置いているので、この店まで来れば、欲しいものがあるって、お客様にも思っていただけているようです。一昨年、JTさんにたばこの売り場を綺麗に改装してもらいました。

ご商売で気をつけていらっしゃることは?

お話を伺った奥様

 奥様:毎日、休まないでやっていることでしょうか。続けていれば、いいことがあると思っています。体は丈夫だし(笑)。商い(あきない)って言うくらいだから、毎日店を開けて当たり前にやっていることが大切ですね。

周辺案内

千人同心屋敷跡の碑

 江戸城が落ちた場合、甲州街道を一気に走り、八王子から甲府へ逃げ延びて再起を図ることを想定して徳川家康が多摩地域在郷の武士団を配置したのが千人同心屋敷、現在はその屋敷跡の碑が残されている。

八王子市追分町11
JR中央線「西八王子」下車徒歩10分

興岳寺

 文禄元年(1592年)に徳川家の旗本、石坂勘兵衛が組屋敷の東部に建立したものが基となる。以来、石坂氏の菩提寺となった。ご本尊は薬師如来。石坂弥次右衛門義礼は八王子千人頭の一人

八王子市千人町1−2ー8
JR中央線「西八王子」下車徒歩5分

編集後記

 明るくにこやかにお話をしてくださった奥様。お店の休みはなく、お忙しそうですが、趣味は温泉に行くことだとか。日帰りで山梨、石和温泉などに行くそうです。奥様が仰っていたとおり、お客様にとっては毎日お店が開いていて、欲しい商品が置いてあるということが一番の安心だと思います。西八王子の頼れる素敵なお店でした。