代表 鈴江 明
住所 葛飾区奥戸3-16-12
TEL 03-3697-0820

葛飾区の奥戸は閑静な住宅地。葛飾区の公式サイトによると、古墳時代後期には、奥戸・立石・柴又に集落があったとされる遺跡が確認されていて、古代から人々が生活を営んできた地域ということがわかります。

この土地で約50年もの間、地元の人々に長く愛されるコンビニエンス型のお店を営む、Yショップ スズエのご主人にお話を伺ってきました。

お店の創業はいつ頃でしょうか?

お話を伺ったご主人と奥様。

ご主人:昭和45年3月です。当時は今のようにコンビニがない時代でしたので、パンや食品の販売をしていました。

2年くらい経って山崎パンを置くようになり、その後、山崎製パンから「Yショップ」というコンビニ形態のお店にしませんか、と言われて1983年5月に今のような形になりました。

ちょうどセブンイレブンなどのコンビニが建ち始めた頃ですね。山崎製パンのコンビニ形態の店としては、うちが草分け的存在で、会社の人たちがバスで研修に来たりしましたよ。

この場所でお店を始めたきっかけ何でしょうか?

品揃え豊富な山崎製パンの棚。

ご主人:家内と結婚したときに、たまたま不動産屋とこのあたりを車で回っていました。それで、このお店が居抜きで売りに出ているという話を聞いたんです。家内が「私、お店をやってみようかな」と好奇心を持ったのがきっかけです。

これからの時代は夫婦共稼ぎになるから、子供を産んで専業主婦になるのではなく、お店で働いてもいいわよって。

当時、私は会社員でしたから、お店は全部家内がやっていました。子供が小さい頃はおんぶしてお店に出ていましたよ。

素晴らしい奥様ですね。たばこを扱い始めたのはいつ頃からでしょうか?

たばこの銘柄は約180種扱っています。

ご主人:平成3年12月です。昔は近所にたばこ屋さんがあったんですが、閉店したので、販売の申請をしました。

お店をやっている人じゃなくても、たばこ販売の申し込みができたので、申請した人はけっこう多かったと思います。距離基準や販売の条件に合うかの審査のあと、抽選になりまして、運良く当たったんですよ。

当時私は会社員で副業できなかったので、名義もすべて家内です。退職してからは私も店を手伝うようになって、今に至ります。

たばこのお客様は地元の常連さんが多いでしょうか?

子供が大好きな駄菓子も置いています。

ご主人:通りすがりの方ももちろんいますが、ほとんどは固定のお客様ですね。

うちはタスポを持っていても店に入ってたばこを買うお客様が多くて、対面販売が主力です。「涼しいね」「暑いね」って挨拶を交わすお客様が多いですね。

家内はお客様がみえたらすぐに銘柄を出して、「ひとつ? ふたつ?」って聞くんですよ。私は家内にお客様には「ふたつ?」って聞いてと言います。ひとつだけ買おうと思っていたお客様でも「ふたつ?」って聞かれれば、「じゃあふたつ買おうか」って気になるでしょ。これ商売のテクニックです(笑)。

なるほど、勉強になります(笑)。それでは、ご商売を長く続ける上で気をつけていらっしゃることは?

地域密着型のコンビニエンスストアです。

ご主人:お店というものは、お客様が来たときに開いていなかったらダメですよね。「せっかく行ったのに休みだった、また行っても休みかな?」と感じれば、そのお客様はもう店に来ないです。毎日決まった時間にお店が開いているということは大前提です。

盆暮れの休みの前には、○日~○日まで休みます、と告知の張り紙をしてね。常連さんにも前もってお休みを伝えると「じゃあ、まとめて買っていこうかな」となりますから。安定して営業していることは大事です。

お店は6:30から21:00まで営業しています。朝早いのは、出勤する人がたばこを買ってくれたりするので、地域の方々にも便利に使っていただいていると思います。

周辺案内

奥戸の古代遺跡の碑

奥戸地区は葛飾区のなかで考古学的に空白地帯であったが、鬼塚遺跡、本郷遺跡の発見を契機に古代遺跡が存在することがわかってきた。古代遺跡の碑には、周辺の遺跡についての案内が書かれている。

葛飾区奥戸3−5−1
JR総武線「新小岩」、または京成押上線「京成立石」下車徒歩15分。


鬼塚

鬼塚遺跡からは、古墳・奈良・平安時代の遺物が出土、発見され、周辺地域に生活していた人々の文化を知る上で、極めて重要な史料となっている。葛飾区指定文化財。

葛飾区奥戸1−28−3
JR総武線「新小岩」、または京成押上線「京成立石」下車徒歩15分。


編集後記

とてもお元気でお話し上手なご主人。会社員時代は流通のお仕事をされていて、大手スーパーなどに指導する立場だったというのも頷けます。

今も地域のお役目が多く、たばこ組合では会計理事、町内会では副会長で総務部長。お役所の仕事も4~5つ兼務されていて、たいへんお忙しく過ごしているとのこと。来年にはそういったお役目から退いて、若い方たちに任せると仰っていますが、若い方からすると、ご主人のように知識と行動力のある方にまだまだ頼りたいのではないでしょうか?

地元の方々の相談にも乗ってくれる頼れるお店です。