代表 森岡 裕幸
住所 北区赤羽2-1-20
TEL 03-3901-3697

赤羽は北区の交通と商業の中心地であり、駅周辺は様々な店舗が軒を連ね、たいへん賑わっています。また、昔ながらの居酒屋さんが多く、最近では手頃な価格で飲食できる街として、若者にも人気が出てきています。

赤羽駅の東口には地元の方々が毎日訪れる天蓋アーケード商店街のラ・ラ・ガーデンがあります。そんな便利な商店街のなかにある、たばこの専門店・やまとやさんは、品揃え豊富な有名店なので、実は取材に伺うのも2回目です。

今回はお母様と息子さんの裕幸さんにお話を伺ってきました。

お店の創業はいつ頃でしょうか?

お話を伺った裕幸さんとお母様。

お母様:昭和27年頃だったと思います。最初は紳士服のお店でしたので、前回取材に来ていただいたときは少しだけ紳士服を扱っていたと思います。

でも、紳士服は繊維業界が海外へ工場を移したりして、難しくなったので「たばこセンター」としてたばこ専門店にしました。

なるほど。裕幸さんはいつ頃からお店の仕事をするようになったのですか?

良い香り漂うヒュミドールのなかの葉巻。

裕幸さん:20歳頃からなので、もう20年になります。他のたばこ屋さんとの差別化を図る意味でも、専門店として数だけは揃えようと。

今はお客様のほうからインターネットで調べて、お店に来てくれたりします。土日はそういった、少し遠方から見に来てくださる方が多いですね。平日は常連のお客様が多く、近くにナショナルトレーニングセンターがあるので、そこに通っている方や、海外の方もお土産に買って行ってくれたりします。

裏にあるスーパーの西友さんも本部がウォルマートなので、海外の方が葉巻を見に来てくださいます。

葉巻を買われるお客様は常連さんが多いのでしょうか?

見るだけでも楽しいパッケージデザインですね。

裕幸さん:常連さんもですが、初めての方もいます。葉巻はわからないけど、興味がある、というお客様は、まずはいろいろ試すといいので、お話を聞きながら何種類か選んでもらいます。

1種類だけ買ってそれがお客様の好みに合わなかった場合、リピーターにはなってもらえないので、何種類か比べてもらってそのなかで好みのものを選んでいただくようにしています。

葉巻は敷居が高いイメージがあり、確かにホテルのシガーバーなどで売っているものは高額なものが多いですが、ここではデイリーユースのものから、特別な日にゆっくり味わうようなものまで揃えています。

紙巻きや手巻き、パイプ、外国たばこの銘柄もとても多いですね。愛煙家で、たばこのお話をしたくていらっしゃる方も多いのでは?

綺麗に陳列された圧巻の品揃え。

裕幸さん:そういう方は多いですね(笑)。「これ知らないでしょ?」というように話をふってきて、「あ、それですね」ってお答えすると、その後すごく打ち解けて話が盛り上がったりします。むしろそういうお客様のほうが得意です。

たばこの専門的な話になると、普段なかなか話せないでしょうから、長い話になりますね(笑)。

お話ができるお客様は嬉しいでしょうね(笑)。お父様からご商売についての教えや、ご自身でご商売を続ける上で気をつけていらっしゃることは?

商店街ラ・ラ・ガーデンにあるたばこ屋さん。

裕幸さん:父からは商品の知識は入れておくよう言われました。自分が扱う商品のことですから。

専門店なので、珍しいものを取り扱っていたり、店側に知識があることを期待してお客様はいらっしゃるので、それにはきちんとお応えできるようにしておこうと、いろいろと古い本なども読みました。たばこはもともと好きでしたから、それはまったく苦にもならなかったです。

ヒュミドールのなかも、葉巻は銘柄によって湿気の吸収が違うので、置き場を考えています。新商品は一度自分でも試してみると、種類別もできるし、お客様にも説明しやすいですね。

周辺案内

稲付城跡

稲付城跡は太田道灌が築城したと言われる戦国時代の砦跡。昭和62年の発掘調査によって、永禄年間(1558~1569)末頃から天正10年(1582)頃に普請されたと見られる空堀が確認された。

北区赤羽西1−21
JR埼京線・京浜東北線・湘南新宿ライン「赤羽」下車徒歩5分。


赤羽公園

キリンの滑り台が目立つ駅近くの公園。遊具のある子供たちの遊び場と、噴水や時計台のある広場が分かれ、地元の人たちの憩いの場となっている。噴水広場では定期的にフリーマーケットが開かれ、多くの人たちで賑わう。

北区赤羽南1−14−17
JR埼京線・京浜東北線・湘南新宿ライン「赤羽」下車徒歩5分。


編集後記

やまとやさんの店内に入って思うのは、とにかく圧巻の品揃えです。陳列もたいへん美しく、棚を見ているだけでも楽しい気分になります。

パイプなどの喫煙具も揃えてあり、裕幸さんはインタビューでもあるように、たばこへの造詣が深い方なので安心して相談できます。

店内にはコーヒーの自販機も設置され、ここでコーヒーを買って店前の灰皿で一服していくお客様も多いのだとか。

赤羽の有名なたばこ屋さん。近くをお通りの際は、ぜひお立ち寄りください。